〜Futsal Team FLAT5のメンバーがお送りする雑記どぅえす♪〜
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
スポンサーサイト
category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | PAGE TOP↑
【2006 J LEAGUE 第12節】浦和レッズVS鹿島アントラーズ
category: 浦和レッズ | author: くわ



4-0、レッズ、激勝なり(^o^)丿


昨日の戦いぶりは、ジェフ戦の不甲斐ない戦いぶりが嘘だったんじゃないの
と思うような素晴らしいものでした。
鹿相手に4-0は僕の今までの観戦記録の中ではなかった気がします。
0-4で負けたことは何度もあるような気がしますがね(笑)
連休終わりにこんな良い気分にさせてくれるとは最高ですな。

小野チン、昨日は良かったね〜♪
今までの運動量の少なさが改善された模様です。
3点目のループシュートなどは伸二らしいビューティフルゴールでした。
これをきっかけにより上質なサッカーをしてくれればいいなと思います。


12戦8勝2分け2敗で勝ち点26。順位は2位。
中断前までの成績としては良い結果だと思います。
この勢いを中断後にも活かして欲しいと思う今日この頃です。



P.S
土曜のフットサル及びEspeの結果はまた後日に更新しま〜す(^o^)丿


comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
移籍話???
category: 浦和レッズ | author: くわ

小野チン移籍情報(噂)

---------------------------------------------------------------------

いつかはこうなるのだろうなと思っていたが、正直今の状態でスペインに移籍
しても、活躍する事は厳しいのではないだろうか???
と言うよりもレギュラーで試合に出る事自体厳しい気がするんだけど・・・

まあでもレッズ的には早めに結論を出して、満額で移籍金を頂ける様なら、
出しちゃった方がいいような気がしないでもないけど・・・・

今後の動向に要注目です!!
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
オシム語録
category: 浦和レッズ | author: くわ
浦和レッズ×ジェフユナイテッド千葉戦終了後のコメント


オシム監督
「試合の感想は、あなたたちメディアが書いてくれるでしょう。私が何をい
っても、あなたたちは好きなように書くでしょうから、あまりいうことはあ
りません。短くいえば、私も驚いた。正直いって、このような対戦相手に対
して、これほどテンポのいいサッカーができるとは思わなかった。

 レッズの敵はレッズだと思う。あのような監督、選手、環境を持
っていることで、全チームがモチベーションを上げて臨んでくる。そういう
意味では、全チームとプレーすることに対してダービー戦だと思うし、全試
合100パーセントの力を出さないと苦しい。


 ただ、ウチは守りにいったのではなく、しっかりプレーできたのが大きか
った。その中で、ワールドカップの候補に入っている二人を後押しするわけ
ではないが、客観的に見ても素晴らしいプレーをしていたと思う。私のプラ
イベートな考えだけどね」(ジェフユナイテッド千葉公式HPより抜粋)


---------------------------------------------------------------------


敵将に言われる事は歯痒いが、言い得て妙だと思う。特に太字赤の部分が。
敵うんぬん、審判うんぬん言う前に自分達に打ち勝たなければこの先は見え
てこないと思う。大人な選手(精神的に見て)が少ないレッズはこの課題に
打ち勝てる時が来れば、本物の強さを身に付ける事が出来るはずです。。。
そう思いたい今日この頃、選手には頑張って欲しい所です。
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
【2006 J LEAGUE 第11節】浦和レッズVSジェフユナイテッド千葉
category: 浦和レッズ | author: くわ
0-2、完敗(ToT)/~~~


何も言う事なし。今シーズン最低の試合をやってくれました怒り怒り怒り怒り怒り
動かないからパスが出ない、走らないからルーズボールも拾えない、粘らな
いからジェフに良いように攻撃される、、、では、勝てるはずも無い。
久々に観てしまいました、あまりに内容のない最低なゲームを。
啓太と堀之内がいないだけでこんなになってしまうようじゃ、先行き不安で
すな・・・


それに比べてジェフは敵ながら天晴れでした。
動き出しはいいし、味方ボールになったらパスを受けれる位置にフォローに
ちゃんと入るし、守備でも球際に強いし粘り強いしで、現在レッズに必要と
思われることをほとんどやってくれました。
正直ジェフのチーム完成度はレッズのそれより遥か上をいっていると感じました。
レッズは個人を抑えられるとどうしようもない感じです。今後はそういった
時にいかにチームで崩すか考えていかなければならないと思います。


あーあ、悲しいぐらいつまんない試合だった(>_<)

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
【2006 J LEAGUE 第10節】浦和レッズVS大宮アルティージャ
category: 浦和レッズ | author: くわ
今年初のダービーマッチは2-0で勝利した模様です。
フットサルがあったので前半だけしか見れなかったけど、とりあえず連敗
しなかったし結果は良かったので一安心です。


戦績も10戦終わって7勝1敗2分けで勝ち点23は立派です(^o^)丿
去年の開幕ダッシュ大失敗したことを考えれば、今年のこの成績は上々な
スタートで今後もこのような成績を残す事が出来れば結果も自ずとついてく
ると思います。この調子で今後も戦い抜いてもらいたいと思います。


で、昨日のTV観戦で思ったこと。

それは大宮の土屋選手に対してのブーイングです。
これは必ず起こるだろうなと思っていました。
僕も達也のあの怪我のシーンを見たときは殺意を覚えましたよ。
ただ試合中土屋選手がボールを触るたびにずっとブーイングするのはどうか
と思いました。
確かにレッズにとって大事な選手を壊されたし、それを憎む気持ちは分かり
ます。
それでもブーイングは最初だけにして、後は切り替えて戦っている選手をサ
ポートして欲しかったです。
はっきりいってTVを観ていて見苦しい事このうえなかったし、応援も中途半
端だった気が否めません。
次回もまたどっかで対戦する事があると思いますが、その時はブーイングで
はなく熱い声援でサポートして欲しいなと思いました。

comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
怪我多し(T_T)
category: 浦和レッズ | author: くわ

浦和の日本代表MF小野伸二(26)が、負傷していた左足首の“極秘手
術”を受けていたことが23日、分かった。9日の福岡戦後の休養中に、内
視鏡を用いたオペで今季不振の原因となった痛みを取り除いた模様。手術は
完全に成功し、すでに練習でもフルメニューをこなしており、公式戦復帰は
間近。天才司令塔が6月のW杯本大会へ向けて完全復活を遂げる。


 背番号18が、運命のW杯イヤーに大きな賭けに出た。3月11日のJ1
第2節磐田戦以来、左足首の痛みと闘い続けてきた小野。今月9日の福岡戦
後に1週間の特別休暇を許され、12日のナビスコ杯福岡戦以降、公式戦3試
合を欠場。19日に完全合流を果たしたばかりだったが、関係者によると、
小野は特別休暇中に埼玉県内の病院で内視鏡を用いた短時間のオペを行い、
痛みの原因を取り除いたという。


 浦和の同僚すら知らされていない“極秘手術”で、詳細は不明。フェイエ
ノールト時代に度重なる故障に悩んだ小野だが、左足首はメスを入れたこと
もある古傷。04年12月には左足関節脛骨骨棘(けいこつこつきょく)形
成及び分離骨で手術を受けていた。


 今季4年半ぶりの古巣復帰を果たした天才児だが、本調子ではなかった。
リーグ戦7試合に先発し、1得点。3月21日のC大阪戦で芸術的なボレー
弾を決めたが、第2節の磐田戦からは6試合連続で途中交代。「伸二さんは
あんなものじゃない」小野を尊敬する後輩選手もこう証言していた。


 だが、「体調的には何も問題ない」と小野自身が断言するように、順調に
回復。この日午前の練習ではミニゲームで両足で正確なシュートを放つな
ど、復調ぶりを披露した。小野は「福岡戦か大宮戦か? どっちに出ても大
丈夫」と、26日のナビスコ杯福岡戦か、29日の大宮戦復帰に改めて意欲
を示した。3位転落の赤い悪魔を救い、6月ドイツで輝くために、天才が待
望の復活を果たす。 (スポーツ報知より抜粋)


---------------------------------------------------------------------

怪我で手術していた模様です。
相変わらず怪我が多いね。何でなんだろ???
手術=プレー力向上という訳にはいかないかもしれないけれど、がむばって欲しいところ。
このままの状態だとW杯はベンチ濃厚な気がするし、レッズでもそろそろ結果
出さないとレギュラーも・・・・なんて話も出てくるやもしれませんしね。
それにそれなりのお給料も貰っているわけだし、それなりのものを見せない
とファンとしても・・・・です。

望!!奮起!!!
comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
【2006 J LEAGUE 第9節】浦和レッズVS清水エスパルス
category: 浦和レッズ | author: くわ
まっ・まっ・負けた〜(T_T)




1-2で今シーズン初負けを喫してしまいました。
この試合は、ちょうど同じ時間にフットサルをやっていたため見てません。
スパサカとこれでしか確認していないので、詳しい事は分かりません。
2つの情報源を総合すると、前半は先に2点取られ1点取り返す。後半は、
押しまくっていたけど点は取れずそのうちに坪井が退場。
そして試合終了後?にポンテが退場で終了〜、見たいな感じだったそうです。



まあいつかは負けると思っていたので、ここで仕切り直して次節に引き摺ら
ないことが大事です。
一番やっちゃいけないのは連敗ですからね。
勝って学ぶ事もあるけど、負けて学ぶ事の方が重要ですからね!!
踏ん張って地力のあるとこを見せて欲しい所です。

次節はさいたまダービーです。
色んな意味(達也の怪我等)で盛り上がること必死だと思うので、
要チェックです。


蜜も応援。この頃の方がや○ていたような気がするのはオイラだけ???
缶コーヒーなんて飲んでる場合じゃありません(>_<)



P.S
ポンテは試合終了後の審判に対する異議で退場になった模様。
もったいないことこの上ない。審判の不可解な判定に抗議したくなる気持ち
も分からない訳ではないけど、そんなんでイエローもらって退場しては
出来るサッカーも出来なくなる。
レッズの選手を見てて思うが、自制心をもう少しつけて欲しいと思う。
comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
【2006 J LEAGUE 第8節】浦和レッズVS京都サンガ
category: 浦和レッズ | author: くわ
終わってみれば3-0、完勝。


それでも前半はかなりフラストレーションが溜まりましたしょんぼり
完全にボールを支配し、山のようにチャンスを築きながらも得点なし。
時折訪れる京都のカウンターにヒヤリとしながら、悶々と前半を過ごしました。

しかし後半は鬱憤を晴らすかのようなゴールショー。
まず長谷部がサントスのグラウンダーのクロスを決め1点目。
次は、ワシントンが重戦車のようにゴールに突っ込み2点目。
最後はフットサルでも通じる止めてからすぐ打つ早業シュートで3点目。


まさにワシントンデーな一日でした王冠
前半もシュートフェイントでDFをかわしてシュートを打ったり(キーパー
に止められたけど)、あの巨体に似合わない足元を持ってるんだよね!!
特筆すべきがシュート時の冷静さかな。
慌てる事がほんと少ない選手で、いい選手を取ったな〜と改めて実感させて
もらいました。


最後に伸二君の話。

この2試合怪我で試合から離れている間、レッズは大勝。
伸二君はどのような心境でこれらの試合を見守ったのかな???
伸二君がいなくなってもこの2試合パスは回っていたし、チームにダイナミッ
クな動きも出てきていい感じになってきています。
出てない選手を出ている選手と比較するのはフェアではないし、たられば論
になってしまうのでしませんが、次節には復帰するみたいなので今の浦和に
対してどういった肉付けを見せてくれるのか期待したいです。
体もリフレッシュされたであろうし。

次節は要チェックです見る

comments(0) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
ミドルシュート
category: 浦和レッズ | author: くわ
水曜のナビスコカップ、対アビスパ福岡戦。3-1で勝利グッド


リーグ戦に続いて同じ相手ではありましたが、難なく撃破しました。
かなり早い時間帯に失点したので先行き不安でしたが、堀之内の同点ゴール
、山田のビューティフルループ、トゥーリオヘッドと立て続けに点を取れた
事が勝因かなと思います。


試合内容もリーグ戦の先発メンバーではありませんでしたが、ボールも
よく回っていたし、パスの出し手と受け手の動きも一致していて見ていて
楽しかったです。
個人的には相馬と山田が良かったかな。相馬はサントスとはまた違うタイプ
のドリブルでレッズの攻撃にアクセントを付けていた気がします。
リーグ戦も先発で使ってみたら面白いかなと。
山田も一時期の不調を脱したみたいで、躍動感を取り戻した気がします。
性格的なムラが好不調の波を作り出していましたが、今シーズンはそんな事
は無い模様です。(そう思いたい)


そんな試合内容でしたが一つ注文も。


それはミドルシュートの精度ですね。


これはレッズの選手だけではないですが、日本人全体を通じて精度が低い気
がします。水曜の試合でもそうでしたがある程度フリーの状況でシュートが
打てるシーンがあってその選手はシュートを打ちましたが、枠を大きく外れ
ました。
せめて枠に行ってくれれば点が入らなくてもその後の展開に色々な可能性を
感じるのですがね。
Jでも海外でもミドルシュートを決めるのは大体が外国選手で、日本人選手が
決めるのは(というよりかシュートを打つ??)極稀です。


ランパードやジェラードのようにとは言わないけれど、フリーで受けて前が
空いていたら打つ姿勢をもっと見せて欲しいです。
日本人はこういう状況の場合、パスを選択する選手が非常に多いのでね。
まあ一概にその選択が悪いとは思わないけど、シュートを打つ姿勢(枠に飛
ばす)を見せる事によりDFは前に出ざろう得ないし、その事によってFWは裏
を狙いやすくなるし、何よりも相手DFに与えるプレッシャーが違うと思いま
す。

ミドルシュートの精度向上。日本人選手には追求してもらいたい課題です。

P.S

なんか自分にも言っているようでいやだね〜^^;
最近うしろをやるようになって、ミドルシュートが減ったのでフットサルで
もどんどん狙ってこ〜サッカーボール




comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
【2006 J LEAGUE 第7節】浦和レッズVSアビスパ福岡
category: 浦和レッズ | author: くわ
辛勝だった模様。


この日は17:00〜フットサルがあったので後半20分ぐらいまでしか見れなかっ
たけど、最後はトゥーリォヘッドで勝ったみたいね。
引き分けで終わりそうなところを勝ちで終わった事は評価できますな。
なんやかんやで苦戦しても勝つ事が重要なのでね。
やっぱあれだけ補強しても人間のやる事だから当然不確定要素はあるし、
相手だってプロなので、そう簡単に勝たすまいと色々研究して挑んでくるん
だからね!!
その中で結果を出していく事が大事なんですな〜。
まだ負け無しだし、次節のサンガ戦も頑張って欲しいものです。


それにしても小野くんはまだ完調ではないみたいね。
僕が観に行った時の下がりながらのボレーを決めた時はここから調子が上向
くのかなと思ったんだけど、まだまだのようです。
普通の選手ではないので色々期待されて大変でしょうが、期待されているう
ちが華だし、プロ選手はそういった期待に応える事に価値があるものだと
思うのでね。頑張って欲しい所です。


【ビックリしたこと】
岡野の左足の精度が上がった事にビックリびっくり
あの歳でも上手くなるんだね!!俺もガンバロ!




comments(2) | trackbacks(0) | PAGE TOP↑
new old
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
LINKS
PROFILE
OTHERS
SEARCH